十枚落ち 大人の初心者

今回はいつもとは違う十枚落ちの指し方を解説する。
なにも龍・馬の2枚を使って寄せ切るばかりが十枚落ちではないのである。

勝つための方針

(1)『攻め駒を玉に近づける』
(2)『2対1で攻める』
(3)『玉を端に追い詰める』

負けないための方針

(4)『歩がぶつかったら取る』
(5)『金銀で守る』

手合割:十枚落ち

△4一玉    ▲7六歩    △4二玉    ▲6六角    △5四歩    ▲2六歩
△3二玉    ▲3八銀    △6四歩    ▲9三角成  △4四歩    ▲2五歩
△5五歩    ▲4八金    △3四歩    ▲2七銀    △3三玉    ▲3六歩
△1四歩    ▲2六銀    △7四歩    ▲3八飛(1図)
△4三玉    ▲7一馬
△8四歩    ▲6八銀    △8五歩    ▲6六歩    △3三玉    ▲6一馬
△4五歩    ▲3五歩    △同 歩    ▲同 銀(2図)
△8六歩    ▲同 歩
△8八歩(3図)
▲7九金    △8九歩成  ▲同 金    △4二玉    ▲4四銀
△5一桂(4図)
▲3三飛成  △4一玉    ▲3二歩    △5六歩    ▲3一歩成(5図)

まで48手で下手の勝ち

続きを読む

十枚落ち 上手の粘り

前回の記事で、入門書『中原の将棋を始める人のために』に載っている棋譜に対して「上手が最善の粘りをしていない」と書いた。
解説の誤りを指摘するための論拠として用いながら「最善の粘り」を示さないのは不誠実なので、今回は十枚落ちにおける「上手の粘り方」を解説する。

続きを読む

「駒落ち定跡」の説明には注意が必要

今回は少し視点を変えて記事を書いてみたい。

このブログでは、いわゆる「駒落ち定跡」を使わずに、駒落ちを解説することを目標としている。
駒落ち定跡」は、初心者が学びの題材とするぶんには大変有益であるが、教える側が「駒落ち定跡」に頼りきりになると危険な面があるのだ。
今回は「駒落ち定跡」を使って解説を行なう場合に陥ってしまいがちな「悪い解説」を見ていく。
若干悪趣味のような気がしないでもないが、私の将棋観を述べるための前置きとして必要なことなので、ご容赦いただきたい。

手合割:十枚落ち

△4二玉    ▲7六歩    △5四歩(1図)
▲2六歩    △6四歩    ▲2五歩
△3二玉(2図)
▲2六飛    △7四歩    ▲3六飛    △4二玉    ▲3三角成
△5二玉    ▲4六飛    △6二玉    ▲4三飛成  △7二玉    ▲5一馬
△8一玉    ▲8三龍    △7一玉    ▲7三馬    △6一玉    ▲7二龍
まで24手で下手の勝ち

今回の棋譜は1995年に出版された入門書『中原の将棋を始める人のために』から引用した。
書籍中で「定跡」と明言されているわけではないが、これは最も有名な十枚落ち定跡の手順そのものである。

続きを読む

十枚落ち 再考

十枚落ちの棋譜を複数見ていくうちに、いろいろと新たな発見があった。
文章化し、まとめておく。

続きを読む

十枚落ち検討 3連戦3局目

前前回前回の続き。
十枚落ち3局連続の3局目。

勝つための方針

(1)『攻め駒を玉に近づける』
(2)『2対1で攻める』
(3)『玉を端に追い詰める』

負けないための方針

(4)『歩がぶつかったら取る』
(5)『金銀で守る』

開始日時:2017/05/21 15:01:25
手合割:十枚落ち
下手:下手
上手:上手

△4二玉    ▲7六歩    △5四歩    ▲6六角    △6四歩    ▲9三角成
△4四歩    ▲7一馬    △4三玉    ▲2六歩    △1四歩    ▲2五歩
△3四玉    ▲2四歩    △同 歩    ▲2六飛    △1五歩    ▲3六飛
△4三玉    ▲6一馬    △4二玉    ▲4六飛    △5三玉    ▲7一馬(1図)
△4三玉    ▲4四飛    △3二玉    ▲5三馬    △4一歩    ▲4三飛成
△2三玉    ▲4一龍(2図)
△2五歩    ▲4三馬    △2四玉    ▲3二龍
△3五玉(3図)
▲3六歩    △同 玉    ▲3三龍    △4七玉    ▲4八銀
△4六玉    ▲4四龍    △4五歩    ▲4七銀    △同 玉    ▲6八銀
△3六玉    ▲3四馬    △2八銀    ▲3五馬    △2七玉    ▲4五龍
△1九銀成  ▲3六龍    △1八玉    ▲3八龍    △2八香    ▲1六歩
△2九成銀  ▲1七馬    △同 玉    ▲2九龍    △同香成    ▲3八金
△2六歩    ▲5八金    △2七歩成  ▲同 金    △同 玉    ▲4七金
△3九飛    ▲4九銀    △3八金    ▲3七金    △同 玉    ▲7七銀
△4九飛成  ▲6八玉    △6九金    ▲7八玉    △7九金    ▲8八玉
△8九金    ▲9八玉    △9九金    ▲8八玉    △8九龍
まで89手で上手の勝ち

続きを読む