六枚落ち 勝ちへの道筋・前編

今月初め頃、twitterで知り合った人と六枚落ちの対局を行なった。
その将棋を題材としてどのように記事を書くか、ずっと悩んでいたのだが、結局まとまり切らないまま1か月が過ぎようとしている。
しっかりした解説を書きたいという気持ちはあれど、完成しないまま長引かせるのも良くないので、前編・後編に分割して投稿する。

今回はその前編。
まずは1局の流れを通しで見て、上手・下手それぞれの指し方にどんな課題があるのか考えてもらいたい。

開始日時:2018/07/08
棋戦:自由対局室(持ち時間30分)
手合割:六枚落ち

△4二玉    ▲7六歩    △5二金右  ▲9六歩    △8二銀    ▲9五歩
△6四歩    ▲5六歩    △6三金(1図)
▲7八銀    △8四歩    ▲2六歩
△2二銀    ▲2五歩    △3二玉    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛
△8三銀    ▲5八金右  △4二金    ▲4八銀    △2三歩    ▲2八飛
△5四金    ▲6六歩    △3四歩    ▲3六歩(2図)
△4四歩    ▲6七金
△4五歩    ▲3七銀    △3三金    ▲6八玉    △6五歩(3図)
▲同 歩
△同 金    ▲7七桂    △6四金    ▲9七角    △6三金    ▲6四歩
△6二金    ▲6六金(4図)
△4四金    ▲5五歩    △7四銀    ▲7五歩(5図)
△8三銀    ▲6七銀    △4三玉    ▲5八飛    △3三銀    ▲7六銀
△2四銀(6図)
▲7八玉    △3五歩    ▲同 歩    △同 銀(7図)
▲3六歩
△2四銀    ▲5六金    △3四玉    ▲7九角    △6三歩    ▲同歩成
△同 金    ▲6五銀    △6四歩    ▲7六銀    △7四歩    ▲同 歩
△同 銀    ▲7五歩    △8三銀    ▲2八飛(8図)
△5四歩    ▲2五歩
△5五歩    ▲6六金    △3三銀    ▲1三角成  △7四歩    ▲同 歩
△7五歩    ▲同 銀    △7四銀(9図)
▲同 銀    △同 金    ▲3一馬
△5六歩    ▲5三馬    △2二銀    ▲3五銀(10図)
△同 金    ▲同 歩
△3三玉    ▲4三金
まで98手で下手の勝ち

続きを読む

八枚落ち 上から押さえるように

勝った将棋であっても、その勝ちに至るまでの手順がすべて最善手であったとは限らない。
むしろ勝ち将棋にも、多くの悪手・疑問手や課題点が含まれていることのほうが、はるかに多いだろう。
今回の題材はそんな実戦譜である。

手合割:八枚落ち

△3二金    ▲1六歩    △7二金    ▲1五歩    △6二玉    ▲1四歩
△同 歩    ▲同 香    △7一玉    ▲1八飛    △8二玉    ▲1一香成
△2二金    ▲1二成香  △3二金    ▲1三飛成  △4四歩    ▲7六歩
△4三金    ▲2二成香  △5四歩    ▲2三成香  △5五歩    ▲3三成香
△5四金    ▲4三成香(1図)
△6五金    ▲5二成香(2図)
△9二玉    ▲2二龍
△2一歩    ▲同 龍    △8四歩    ▲3二龍    △8三玉    ▲6二成香
△8二金    ▲9六歩    △6四歩    ▲7八銀    △5六歩    ▲同 歩
△同 金    ▲5八金左  △5四歩    ▲4四角    △4七金    ▲同 金
△3一歩    ▲同 龍    △6五歩    ▲3五龍    △6六歩    ▲同 歩
△5五歩    ▲7一成香(3図)
△8五歩    ▲5三角成  △9四歩    ▲7七桂
△9二玉    ▲8五桂    △8三玉    ▲5五龍    △9二玉    ▲7五龍
△7四歩    ▲同 龍    △9五歩    ▲同 歩    △9三金    ▲6四馬
△8三金    ▲同 龍    △同 玉    ▲7四金    △9二玉    ▲9三金
まで78手で下手の勝ち

本局はスマートフォン向け将棋アプリ「ぴよ将棋」を使った八枚落ち局。
上手は「ぴよ帝」、要するに最高レベルに設定した「ぴよ将棋」で、下手を持っているのは私のtwitterにおける相互フォロワーの人だ。
ぴよ相手の六枚落ちで苦戦しているというtweetを見かけたので、棋譜を見せてもらったという経緯。

こうして棋譜を見ると、その人が行き詰まっていた原因は、八枚落ちの勝ち方にまだ課題を残したままで六枚落ちへ挑んでしまった所為であると、はっきりわかる。
どこに課題があるのか、少し考えてみてほしい。

続きを読む

理論 駒落ち将棋を利用した棋力の絶対評価

棋力(将棋の強さ)は基本的に相対評価である。
例を挙げると、将棋道場や奨励会の段・級は「○段・級の相手と対局して○勝○敗だから○段・級」などの規則で定められ、オンライン道場の将棋倶楽部24ではレーティング制によって段・級が設定される、といった具合だ。
しかし相対評価には「評価を行なう相手次第で結果が変動してしまう」という根本的な問題がつきまとう。

今回はその問題への解決策として「駒落ち将棋を利用した棋力の絶対評価」の可能性について述べていきたい。

続きを読む

六枚落ち 上達過程その9

通算12局目、六枚落ちとしては2局目となる本局。
前局から約2か月、M・H君は目を見張るほどの成長を遂げていた。

開始日時:2018/05/06 16:09:43
終了日時:2018/05/06 16:29:42
手合割:六枚落ち

△3二金    ▲7六歩    △7二金    ▲1六歩    △2二銀    ▲1五歩
△4二玉    ▲1七香    △2四歩    ▲2六歩    △2三金    ▲3八銀
△3四歩    ▲2七銀    △3三銀    ▲3六銀(1図)
△4四歩    ▲1八飛
△4三玉    ▲1四歩(2図)
△同 歩    ▲同 香    △2二銀    ▲1二香成
△1三歩(3図)
▲2二成香  △同 金    ▲2五歩    △同 歩    ▲同 銀
△2六歩(4図)
▲1四歩    △2七歩成  ▲1六飛    △1一香    ▲1三歩成
△同 金    ▲1四歩(5図)
△2三金    ▲2四歩    △1五歩(6図)
▲3六飛
△3三金    ▲2二銀(7図)
△6二金    ▲3三銀成  △同 玉    ▲3四飛
△4二玉    ▲2三歩成  △5二玉    ▲3二飛成  △6一玉    ▲4四角(8図)
△2八と    ▲3一龍    △7二玉    ▲3三角成  △2九と    ▲3二龍
△8四歩    ▲5一馬(9図)
△2八と    ▲6一金(10図)
△5五桂    ▲6二金
△8三玉    ▲6一馬    △7二銀打  ▲同 金    △6七桂不成▲6八玉
△7九桂成  ▲7一金    △7四玉    ▲7五金(11図)
まで76手で下手の勝ち

続きを読む

六枚落ち 上達過程その8

ついにやってきた六枚落ちの舞台。
M・H君はどの程度太刀打ちできるだろうか。

11局目

開始日時:2018/03/18 16:42:33
終了日時:2018/03/18 16:54:55
手合割:六枚落ち

△4二玉    ▲7六歩    △7二金    ▲7八銀    △6二銀    ▲7七銀
△5四歩    ▲6六銀    △5三銀    ▲5六歩    △5二金    ▲4八銀
△4四歩    ▲5七銀上  △4三金    ▲4六銀    △8四歩    ▲5八飛
△6四歩(1図)
▲7五銀    △8三金    ▲5五歩    △同 歩    ▲同 銀(2図)
△5四歩    ▲6四銀右  △同 銀    ▲同 銀    △7四金    ▲6三銀成
△6五金(3図)
▲7七桂    △7六金    ▲6五桂    △7七銀(4図)
▲5三銀
△3二玉(5図)
▲7九角    △2二玉    ▲5二銀不成△4二金    ▲5四飛
△6七金(6図)
▲5三桂成  △6八歩(7図)
▲同 金    △同銀成    ▲同 角
△同 金    ▲同 玉    △7六角(8図)
▲4二成桂  △同 銀    ▲4一銀成
△6七金    ▲5九玉    △5四角    ▲4二成銀  △1四歩(9図)
▲3一銀
△1三玉    ▲2二銀打  △2四玉    ▲2六金    △7九飛(10図)
▲4八玉
△5六桂    ▲3九玉    △4九飛成(11図)
▲2八玉    △3八金
まで71手で上手の勝ち

続きを読む