読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十枚落ち 方針を使った棋譜検討

十枚落ちの『方針』に若干の変更を加えた。
新版は下記の通りである。

勝つための方針
(1)『攻め駒を玉に近づける』
(2)『2対1で攻める』
(3)『玉を端に追い詰める』

負けないための方針
(4)『歩がぶつかったら取る』
(5)『金銀で守る』

『歩がぶつかったら取る』の項目を追加し、『勝つための方針』と『負けないための方針』に分割。
方針(3)『玉を追う方向を決める』を『玉を端に追い詰める』に変更した。
意味するところは同じ。
こちらの表現の方が直感的にわかりやすくなっている、と思う。

今回はこの『5つの方針』を用いて実戦譜の検討を行なう。

開始日時:2016/12/04
手合割:十枚落ち
下手:下手
上手:上手

△4二玉    ▲9六歩    △4四歩    ▲9七角    △7四歩    ▲4八飛
△4三玉    ▲4六歩    △5四玉(1図)
▲4五歩    △同 歩(2図)
▲5六歩
△9四歩    ▲5五歩(3図)
△4四玉    ▲7六歩    △8四歩    ▲8六角
△8五歩    ▲7七角(4図)
△6四歩    ▲5四歩(5図)
△同 玉    ▲3三角成
△8六歩    ▲3二馬(6図)
△5五玉    ▲5八飛    △4四玉    ▲2二馬
△4三玉    ▲8六歩 (7図)
△7五歩    ▲同 歩    △6五歩    ▲6六歩(8図)
△同 歩    ▲同 馬    △4六歩    ▲6五馬(9図)
△4四玉    ▲6四馬
△4七歩成(10図)
▲5三飛成  △4五玉    ▲5五龍    △3四玉    ▲7七桂(11図)
△7六歩    ▲6五桂    △7七歩成  ▲5四龍(12図)
△4四歩    ▲5三桂成
△6六歩    ▲4三成桂  △2四歩    ▲3三成桂 (13図)
△同 玉    ▲5五龍
△6七桂(14図)
まで61手で上手の勝ち

終局まで61手、そのうち30手が下手の着手である。
この30手全てを『5つの方針』に関して正しい指し方かどうかを考え、それぞれ○、×の評価をつけていく(一部△評価をつけることもある)。
初手から順に見ていこう。

続きを読む

十枚落ち 敗因を考える

十枚落ちを勝つためには『4つの方針』に沿って指せばよいと、前回の記事で説明した。
今回は下手負けの実戦譜を『4つの方針』の観点から検討してみる。

手合割:十枚落ち

△4二玉    ▲3八飛    △4四歩    ▲3六歩    △5四歩    ▲3五歩
△4三玉(1図)
▲7八飛    △6四歩    ▲7六歩    △5三玉    ▲7五歩
△6三玉(2図)
▲5八飛(3図)
△6五歩    ▲5六歩    △6四玉(4図)
▲4八飛
△7五玉    ▲4六歩    △6四玉    ▲4五歩    △同 歩    ▲同 飛
△8四歩    ▲4三飛成  △9四歩    ▲3三角成  △2四歩(5図)
▲同 馬(6図)
△8五歩    ▲4四龍(7図)
△8六歩    ▲同 歩    △7五玉    ▲7八金
△8六玉    ▲2八銀(8図)
△7四歩    ▲4六龍    △9五歩    ▲3四歩
△7六玉    ▲3三歩成(9図)
△1四歩    ▲5五歩    △7五玉    ▲5四歩
△6四玉    ▲5三歩成  △同 玉    ▲3二と(10図)
△4三歩    ▲3五馬
△5四玉(11図)
▲5六龍    △5五歩    ▲4六龍    △1五歩    ▲3七桂
△8六歩    ▲4五桂    △6四玉    ▲7七桂    △7五歩    ▲8五桂
△7四玉    ▲9三桂成(12図)
△8四玉    ▲8六龍    △9三玉    ▲5三馬
△8四歩    ▲4三馬(13図)
△5六歩    ▲5三桂成  △5七歩成  ▲5八歩
△4七と    ▲3九金    △4六桂(14図)
▲5四馬    △5八と
まで83手で上手の勝ち

一見、下手楽勝にも思えるほどのハンデがついていながら、現実には簡単に負かされることも珍しくない十枚落ち。
本局は上級者の目から見れば、まあ下手が負けるのも無理はないなと納得できる棋譜なのだが、敗因をいざ言葉で説明しようとすると結構難しかったりする。
筆者なりの説明は「勝つために必要な『4つの方針』に沿わない手を指したから負けた」である。
手順を追いながら検討していこう。

続きを読む

十枚落ち 4つの方針

十枚落ちの「勝ち方」を説明するための理論が固まった。
カギは『4つの方針』だ。

(1)『攻め駒を玉に近づける』
(2)『2対1で攻める』
(3)『玉を追う方向を決める』
(4)『金銀で守る』

この4つに沿って指し進めれば十枚落ちは勝てる。
実戦譜を見ながら解説していこう。

手合割:十枚落ち
下手:下手
上手:上手

△4二玉    ▲7六歩    △5四歩    ▲6六角    △2四歩    ▲9三角成(1図)
△5三玉    ▲2六歩    △4四玉    ▲2五歩    △同 歩    ▲同 飛
△3四歩    ▲2三飛成(2図)
△5五歩    ▲2五龍(3図)
△6四歩    ▲7一馬    △5四玉(4図)
▲3四龍    △4四歩(5図)
▲同 龍    △6三玉    ▲5三龍    △7四玉(6図)
▲5五龍    △8四歩(7図)
▲5三馬    △6五歩    ▲5四馬    △1四歩    ▲6五龍    △8三玉
▲7五龍    △7四歩(8図)
▲6四龍(9図)
△1五歩    ▲6三馬    △8五歩    ▲7四龍    △8二玉    ▲7三龍
△9二玉    ▲7二馬    △8六歩    ▲8二龍(10図)
まで46手で下手の勝ち

続きを読む

十枚落ち実戦 得意・不得意の違い

前回は十枚落ちの実戦譜から、下手の弱点がどこにあるのか検討した。
見つかった弱点は「体当たりが苦手」というものだったが、はたしてこれは特筆すべきなことなのだろうか。
仮に、どんな初心者も多かれ少なかれ「体当たり」が苦手なのだとすれば「体当たり」が苦手なことを弱点と呼ぶ意味は薄れる。
この点について比較するために別の棋譜を見てみよう。
結論から言うと、逆に「体当たり」が得意な初心者も存在する。

手合割:十枚落ち
下手:T君
上手:私

△4二玉    ▲2六歩    △4四歩    ▲2五歩    △3二玉    ▲7六歩
△4三玉    ▲2四歩    △同 歩    ▲2六飛(1図)
△3四玉    ▲2八銀(2図)
△5四歩    ▲2七銀    △1四歩    ▲3六銀    △8四歩    ▲6六角
△7四歩    ▲8四角    △9四歩    ▲7三角成  △1五歩    ▲4六馬
△9五歩    ▲3五銀(3図)
△4三玉    ▲2四飛    △5三玉    ▲4四飛
△6四歩    ▲4五馬(4図)
△1六歩    ▲5四馬    △6二玉    ▲4三飛成
△2八歩    ▲6三馬    △5一玉    ▲5二馬
まで40手で下手の勝ち

続きを読む

十枚落ち実戦 弱点を発見する

駒落ち将棋を指導の一手段として用いるならば、将棋の内容から指導すべき個所を見つけ出さなければならない。
十枚落ちの棋譜から、下手の「弱点」をさぐってみよう。

手合割:十枚落ち
下手:Y君
上手:私

△4二玉    ▲7六歩    △5四歩    ▲2六歩    △6四歩    ▲2五歩
△3二玉    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △7四歩    ▲5四飛
△4二玉    ▲6四飛    △5三玉    ▲6一飛成  △5四玉    ▲3三角成
△4四歩    ▲4一龍    △8四歩    ▲4四龍    △6三玉    ▲5一馬
△8五歩    ▲5五龍    △1四歩    ▲5二馬    △7三玉    ▲6五龍
△1五歩    ▲5一馬(1図)
△8三玉    ▲8五龍    △8四歩(2図)
▲6一馬
△7三玉    ▲6五龍    △9四歩    ▲6二龍
まで40手で下手の勝ち

続きを読む