平手 初心者将棋は面白い

前回の九枚落ちを終えたY君と、粕屋町将棋会の小学生とで手合わせさせてみた。
対局相手はH君。
小学生達の中でも特に上達の著しい3年生である。
私との八枚落ちで勝率1割ぐらいなので実力は大体互角だと思われるが、実戦経験では間違いなくH君の方が豊富だろう。
とはいえ6年生と3年生の年齢差も大きい。
どんな勝負になるだろうか。

先手:H君
後手:Y君

▲7六歩    △3四歩    ▲2二角成  △同 銀    ▲7八金    △8四歩
▲8八金    △8五歩    ▲7八銀    △3三銀    ▲5八玉    △6二銀
▲4八銀    △5四歩    ▲3八金    △5三銀    ▲2六歩    △3二金
▲3六歩    △4四歩    ▲4六歩    △6四銀    ▲1六歩    △1四歩
▲2七飛    △7四歩    ▲3七桂    △7五歩(1図)

▲同 歩    △同 銀
▲7七銀    △7六歩    ▲6六銀    △同 銀    ▲同 歩    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲8七歩(2図)
△8二飛(3図)
▲4五歩    △同 歩
▲6五歩    △7四角    ▲6六角(4図)
△6四歩    ▲4五桂    △2二銀
▲5三桂成  △6五歩    ▲4四角    △3三銀    ▲6二銀(5図)
△同 金
▲同成桂    △4一玉    ▲5三角成  △4二金    ▲5一金(6図)
△3二玉
▲6四馬(7図)
△8三角    ▲8二馬    △9二銀    ▲6三成桂  △6六歩
▲4七金    △6七銀    ▲4九玉(8図)
△4六歩    ▲同 金    △6八銀成
▲7三成桂  △6五角    ▲6二飛    △7三桂    ▲同 馬    △8三角(9図)
▲5三桂    △6七歩成  ▲8三馬    △同 銀    ▲4一桂成  △5八と(10図)
▲3八玉    △4八と    ▲同 玉    △5六桂    ▲4七玉    △5八銀(11図)
▲5六玉    △6七銀不成▲4五玉    △4四歩    ▲5四玉    △5三歩
▲6三玉    △7四角    ▲7三玉    △3八角成  ▲2五桂(12図)
△2二玉
▲3三桂成  △同 桂    ▲4二飛成  △1三玉    ▲3三龍    △7四馬
▲6二玉    △8四馬    ▲5三玉    △7五馬    ▲4四玉    △6六馬
▲5五角    △同 馬    ▲同 金    △2二角    ▲2五桂    △1二玉
▲2一銀    △同 玉    ▲3一成桂  △1二玉    ▲2一角
まで125手で先手の勝ち

続きを読む

九枚落ち 棒銀

粕屋町将棋会の見学に来たY君との将棋を見ていく。
Y君は小学6年生で、この日まで将棋経験は独学のみだったようだ。
まずは実力を測る意味で十枚落ちを行なった。
その棋譜が↓である。

手合割:十枚落ち

△4二玉    ▲7六歩    △5四歩    ▲6六角    △6四歩    ▲9三角成
△3四歩    ▲2六歩    △3五歩    ▲2五歩    △3三玉    ▲6六馬
△4四歩    ▲7五馬    △1四歩    ▲6四馬    △3四玉    ▲5四馬
△7四歩    ▲4八銀    △3三玉    ▲5六歩    △3四玉    ▲5七銀
△3三玉    ▲4六銀    △3四玉    ▲5八金左  △8四歩    ▲3八飛
△1五歩    ▲3六歩    △同 歩    ▲同 飛    △2五玉    ▲3七桂
△2四玉    ▲2六飛    △3四玉    ▲4五銀    △同 歩    ▲同 馬
△3三玉    ▲2三飛成  △4二玉    ▲2二龍    △5三玉    ▲3三龍
△4三歩    ▲4四馬    △5二玉    ▲4三馬    △6三玉    ▲6五馬
△5三歩    ▲4五桂    △6四銀    ▲3二馬    △8五歩    ▲7七桂
△6二玉    ▲5三桂成  △同 銀    ▲6五桂    △6四銀    ▲5四馬
△6五銀    ▲6三馬    △7一玉    ▲3一龍    △6一桂    ▲3二龍
△5六銀    ▲7二馬
まで74手で下手の勝ち

高学年ということもあり、既に結構な技術を持っているようだ。
十枚落ちの『方針』のうち、『龍と馬を作る』『攻め駒を玉に近づける』『2対1で攻める』『玉を端に追い詰める』に関しては、間違いなく身についていると見てよい。
また36手目▲3七桂のように「3六飛には5四馬が利いているから取られる心配はない」と読んだうえで指している手も随所に見られる。
つまり『紐』の概念も理解している。

一方で『駒損しない』に関してはやや認識が甘いところがある。
40手目▲4五銀、52手目▲5三桂成の2手がそれで、この辺りの認識不足は独学ゆえと言える。
ただまったく無頓着に駒損しているわけでもないようだ。
「駒を取られるべきではない」という意識自体は持ちつつも、例えば「4五を3対2で攻める」などの他の目的を考えた時に、駒の損得より攻めを優先してしまっているのだろう。

『駒損しない』の優先度は、基本的に他のどの方針よりも高いことを教えたうえで、九枚落ちを行なった。

手合割:その他
上手の持駒:なし 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
下手の持駒:なし
上手番

△3二金    ▲7六歩    △4二玉    ▲5五角    △5四歩    ▲7三角成(1図)
△4四歩    ▲6三馬    △4三金    ▲2六歩    △3四歩    ▲2五歩
△3三玉    ▲4一馬(2図)
△3五歩    ▲3八銀    △1四歩    ▲2七銀
△4五歩    ▲2六銀    △3四玉(3図)
▲2四歩    △同 歩    ▲2五歩(4図)
△同 歩    ▲同 銀    △4四玉    ▲6三馬    △5三金    ▲7四馬(5図)
△5五歩    ▲1四銀    △4六歩    ▲同 歩    △4五歩    ▲同 歩
△同 玉    ▲2三飛成(6図)
△4四金    ▲4六歩    △同 玉    ▲2六龍(7図)
△4五玉    ▲4六歩    △5四玉    ▲2三龍(8図)
△5六歩    ▲6三龍(9図)
△5五玉    ▲5六馬
まで50手で下手の勝ち

続きを読む

十枚落ち 攻めの効率を意識する

多くの初心者を教えるうちに『方針』の教え方が定まってきた。
最近は次のような形で説明している。

3つの方針

  • 『龍と馬を作る』
  • 『攻め駒を玉に近づける』
  • 『2対1で攻める』

やや高度な方針

  • 『玉を端に追い詰める』
  • 『駒損しない』
  • 『と金を作らせない』

3つの方針は必ず教える。
やや高度な方針に関しては、下手の技量を観察したうえで、理解してもらえそうなものだけを話すことにしている。

さて。
今回は十枚落ちの実戦を検討したい。
下手は前回の九枚落ちと同じ子供。
順序としてはこの十枚落ち局のほうが先で、これの後に前回の九枚落ち局を行なった。

手合割:十枚落ち

△4二玉    ▲9六歩    △8四歩    ▲9七角    △7四歩    ▲2六歩
△4四歩    ▲2五歩    △4三玉    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛(1図)
△9四歩    ▲2一飛成  △3四歩    ▲4一龍    △5四玉    ▲5一龍
△3五歩    ▲5三角成(2図)
△4五玉    ▲5二龍(3図)
△8五歩    ▲5四馬
△3四玉    ▲5三龍(4図)
△1四歩    ▲4三龍(5図)
△2四玉    ▲4四龍(6図)
△2三玉    ▲4三馬    △7五歩    ▲3三龍    △1二玉(7図)
▲3四馬
△2一玉    ▲4三馬    △1二玉    ▲3二龍(8図)
△1三玉    ▲3三馬
△6四歩    ▲2三龍
まで44手で下手の勝ち

続きを読む

九枚落ち 攻めの効率

九枚落ちの実戦を見ていこう。

手合割:その他 
上手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
下手の持駒:なし
上手番

△3二金    ▲9六歩    △4二玉    ▲5六歩    △4四歩    ▲5八飛
△4三金    ▲9七角    △5二玉(1図)
▲7五角    △3四歩    ▲9三角成
△6四歩    ▲8六歩    △4五歩    ▲8八飛(2図)
△1四歩    ▲8五歩
△5四金    ▲8四歩    △同 歩    ▲同 飛    △6五金    ▲8二飛成
△6三玉    ▲8三馬(3図)
△4六歩(4図)
▲7三龍    △5四玉    ▲7二馬
△4四玉(5図)
▲6二龍    △4七歩成  ▲6三馬    △5七と    ▲5三龍(6図)
△3五玉    ▲4三龍    △5六金(7図)
▲4五龍    △2四玉    ▲5四馬
△4六歩    ▲4三馬(8図)
△4七歩成  ▲3四龍    △1三玉    ▲3三馬
△5八歩(9図)
▲同金右    △同と左    ▲同 金    △同 と    ▲同 玉
△5七金打  ▲6九玉(10図)
△6七金上  ▲2三馬
まで58手で下手の勝ち

続きを読む

九枚落ち 銀の守りに隙あり

攻め駒との交換によって守りの金を突破する場合は、渡した攻め駒は上手の持ち駒となる事に留意する必要がある。
つまり渡した駒を新たな守り駒として使われる可能性があるということだ。

続きを読む